興味とチャレンジ精神が大切

成功者は国内企業で成果を残した人ばかりではなく、海外で成功者となった人も多くいます。
日本企業では仕事を器用にこなすことや、上司との人間関係が出世するうえでポイントになりますが、海外での仕事ではあまり重要にはならないのです。
成功者の多くは、子供の頃から海外旅行に行く機会があるために、国外へ行くことに抵抗がありません。
そういう意味では、生まれた環境で成功する度合いはある程度決まっているといえるでしょう。
外国人と日本人を比較していえることは、外国人は日本人よりも広い視野でものごとを考えていることです。
日常の仕事の細やかな部分や、カスタマーサービスに対して自分を犠牲にできるのが日本人の強さですが、外国人の場合は末端のスタッフでも商売全体について考える習慣を持っています。
外国人は細かなサービスは不得意ですがチャレンジ精神が旺盛であり、日本人でもそういった思考ができる人は成功者になる可能性が高いといえるのです。
また、成功するパターンとしては会社員として雇われるのではなく、個人事業を行うことでしょう。
扱うものによっては国内よりもずっと大きなマーケットが存在していますし、日本では流行しないものでも海外ではヒットすることもあります。
これまでの経歴の中で、特定のものを安く仕入れられる環境を持っている人は、世界に向けて商売をするのもひとつの方法です。
インターネットの普及で以前よりも敷居が下がっているため、アイデアが見つかれば実行してみるといいでしょう。