英語ができなくても成功できる

海外に進出したいと思っているものの、英語ができないがために後一歩が踏み出せないという人も少なくありません。
独学で英語を勉強していてもペラペラに喋れるようにならない、自分には英語の才能がないと思ってしまうこともあるでしょう。
しかし、果たして海外での成功者はみんながみんな、英語が上手だったのでしょうか。
多くの人がビジネス英語は難しいものだと思っていますが、実際のビジネス英語は日常英会話よりも簡単です。
仕事での会話を思い出してみたとき、業務に関係する特定の名詞や数字を使って話していることの方が多いと感じられます。
限られた範囲の言葉を使って話すのであれば、できるような気がしてくるものです。
ミーティングの前には何を話すかじっくり検討したり、資料を用意したりするでしょう。
前もって準備したことを英語で話すのは、それほど難しいことではありません。
はじめは相手の言っていることが理解できないかもしれませんが、それは仕方がないことであり、そのときはわかった振りをすればいいです。
「もう一回言ってください」と聞き直すのは簡単ですが、英語が通じていないのではないかと不信感を持たせてしまいます。
少し工夫して「つまり、それはどういう意味ですか」と聞く方が、より詳しい方法で言い直してくれるでしょう。
誰でも最初から英語に苦労していないわけではなく、成功していても英語が下手な人も少なくありません。
英語ができなくても、海外で働くことはできるとわかるはずです。